耕作放棄地を活用し、

3ヘクタールの自社農地でゆずを栽培しています。

 

静岡県川根本町を活動拠点とし、

町に広がる85ヘクタールの耕作放棄地の一部を自社の農地として持ち、

ゆずをはじめとした作物の栽培を行っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

耕作放棄地を活用した自社農地

高齢化に伴い茶業を継続できず耕作放棄地が年々増加。(町全体85ha)

県内でゆずの生産量がNo.1であることに着目し、我々で耕作放棄地を借りゆずの栽培を開始。

5年後に20haを目標に活動しています。(現在3ha)

新作物のテスト栽培

ゆずに続く、第二、第三の柱となる作物の可能性を発見するため、

ライム、ジャバラ、カボス、ハーブ(カモミール)のテスト栽培も同時に行っています。